企業にとって最適な人材を見つけよう

企業を動かしていくのは、ずばり「人」です。企業の目的に沿った人員を多数集め、協力しながら前へと進んでいく体制を作ることで、高く成長していけることでしょう。とはいえ、企業にとって最適な社員を見つけ、採用することは決して簡単ではありません。より良い人員を見つけ、正社員として確保するためには、さまざまな工夫を凝らす必要があります。

正社員を雇う企業側のメリットBEST5

男女
no.1

人員を確実に確保できる

正社員として人を雇うということは、自社の戦力を確実に増やすことにつながります。「非正規雇用で必要なときのみ人員を増やす」という方法もありますが、突発的な事態には対応しづらく、また確実に人を確保できるとは限りません。その点正社員であれば、いつでも確実に、自社のパワーとして活用できます。

no.2

長い目で必要な人材を育成できる

正社員として人を採用することで、短期ではなく、中長期的に一つの会社に留まることが予測できます。このため、短期的な学習では身に付きづらい、より高度な知識やテクニックを教え、少しずつ育成していくことができます。将来的には、会社を引っ張っていくような存在へと成長させることも可能です。

no.3

人材募集に関するコストを削減できる

正社員は、「中長期的なスパンで働いてくれる人」という条件を前提に、採用するケースが多いものです。実際に正社員を雇用することができれば、何度も求人を繰り返す必要はありません。求人にかけるコストも削減できますし、労力を割く必要もありません。その他の業務に集中できることでしょう。

no.4

安定した人材で、業績アップへ

会社の中の正社員の割合を高くすることで、従業員同士も「慣れた人同士の安定した環境」で働きやすくなります。これまでの経過や会社の方針など、業務を行う上で重要な情報を共有した状態で仕事ができますから、「結果を出す」という目的のため、集中しやすくなります。業績アップにつながる可能性も高いです。

no.5

将来的な可能性を高められる

特に中小企業においては、能力の高い人材を確保することは、会社の将来にとっても非常に重要なポイントです。しかし「即戦力」の社員を雇うのは難しく、ある程度の時間をかけて育成していく必要があります。正社員として採用すれば、じっくりと時間をかけて、人材を育成することができ、それが企業としての将来を切り開くきっかけになるのかもしれません。

会社と合う正社員を探そう!そんなときこそリファラル採用

履歴書

リファラル採用をしたいならツールを活用

有能な人材を正社員として確保するため、近年注目を集めているのがリファラル採用です。現在働いている人から縁を繋いで、採用者を探すという手法となります。自社の雰囲気にマッチした人材を確保するためには、「応募者は誰でも良い」というわけではありません。また、社員それぞれが「あの人なら」と思える知人を思いついたとき、それを会社側へと伝えられる仕組みも必要となります。
このために活用したいのが、リファラル採用を応援するための各種ツールです。求める人材の条件などを素早く社員と共有できるほか、応募フォームを用意することで、ご縁を無駄にしない工夫ができます。